遺品整理・清掃

核家族が増加し、過疎化が進む中、独居老人が死後しばらく経って発見されるといった事件を、孤独死と言います。
隣家との接触の少ない都会や、過疎化の進む田舎でも孤独死は起こり得るそうです。

こうした孤独死を遂げてしまった故人の家は、身の回りの事を満足にこなす事ができなかった結果ゴミ屋敷のような状態になっていたり、床や家具が汚れている場合もあります。
早急に遺品整理をして清掃する必要があります。
汚れが酷い場合などは、特殊清掃も請け負ってくれる遺品整理専門業者へ依頼すると良いでしょう。
死後数日経過して発見された孤独死の場合は、まず特殊清掃・消臭を施してから作業されます。

遺品整理業者の行うサービスは、遺品の分類から始まります。
貴重品・ゴミ・形見などのカテゴリーにわけられます。
ゴミは、家からトラックの荷台へ搬送し、まとめて産業廃棄物となります。
形見供養を代行してくれる場合もあります。

プランも一件丸ごと・指定したお部屋だけ、
一緒に片付ける・立ち会って指示だけ出す・全部任せるなど、色々選べます。

気をつけておきたいのが、故人がもしも遺書を残している場合です。
そこに相続の割り振りや、形見の行方についても指示されている場合があります。
発見する前に、遺品整理を終わらせてしまうと厄介なので、徹底的に調べた方が良いです。
形見を相続する指定があり、相続税がかかる程の物であればその手続きも必要になったりしますが、故人が希望する相続は、故人の供養にもなるでしょう。






What's New

2013/02/05
おすすめ記事3を更新。
2012/11/08
おすすめ記事2を更新。
2012/03/14
おすすめ記事1を更新。
2011/09/07
元気になる食事を更新。
2011/09/07
心を癒す方法を更新。
2011/09/07
最新情報を更新。
2011/09/07
幸せに生きるを更新。
2011/09/07
セルフイメージを更新。
2011/09/07
遺品整理の安心サービスを更新。
2011/09/07
ホームページリニューアル
最新情報 | 遺品整理の安心サービス 2011年12月06日